Gumi-chanProject Ltd.

 株式会社Gumi-chanProjectは2014年9月に法人化した新しい会社です。
 KAZUMI AKAOを中心に複数のスタッフで「Gumi-chan」の世界を作っています。
 発案・ストーリーの原案・人形の制作担当のKAZUMI AKAOをはじめ、全体のプロデュース・キャラクターデザイン・ジオラマ制作担当のNOBUHIKO YOSHIMITSUの2名で運営しております。

 さらに外部スタッフとして、撮影担当のYOSIHIKO TANAKA、オート三輪や火の見櫓を作成した鉄工ジオラマ担当の村上正氏、ミニチュア洋裁担当のTaka-Mi氏、ミニチュア小物担当のアトリエCHIKAKO、YUKA氏など多くの協力者によって成り立っています。

 今後もより多くの方々に「Gumi-chan」の世界を、文字通り世界中に広めたい所存です。
 よろしくお願い致します。

代表取締役 吉光信彦
 

KAZUMI AKAO


 Born 16th January, 1961 in Obama, Fukui.

 Began career as a doll maker in 1990 after deciding that she wanted to create something solid and 3 dimensional to represent the modern jazz era of the 1950's and 60's. Since 2003 Kazumi has been using her own childhood as inspiration behind the mise en scene "Gumi chan", showing a slice of suburban life in the Japan of 1961.

 Coming through a long economic depression and still suffering from the effects of the natural disaster of 2011, Kazumi feels that Japanese people have lost their habitual happy spirits and have been profoundly affected in many ways. This is something she sees not only in Japan but in each country around the world and she wonders, "Am I the only one who feels the world has lost something important, that it is full of lonely people?"

 As one way of making people happy again, Kazumi decided to create her Gumi chan stories. The Japan of 1961 was a place of hope, with WWII finally over and the people, having lost everything in the war, are 16 years into their efforts to start over, to rebuild their lives and their nation from rubble. It was a time of optimism, with the economy undergoing huge growth and people beginning to dream of creating a better society. It was a year of hope and happiness. Everyone helped one another, and shared a common bond. Kazumi dreams of recreating this happy time of neighbourliness and co-operation.

 1961年1月16日、福井県小浜市生まれ。
 1950〜60年代のモダンジャズの世界を立体にしたいと思ったのがきっかけで、1990年より人形作家として活動。2003年より自分の子供時代の思い出をベースに、1961年の日本を舞台にした「グミちゃん」を作り始める。

 「長い不況や震災の影響で、ますます日本は元気を失い、日本人の心にも深い影を落としています。それは日本のみならず世界各国でも見られる現象でしょう。世界的に元気を失い、人々が寂しい心を抱えていると感じるのは私だけでしょうか。
 そんな人たちを元気にし、ハッピーにしたいと思い、グミちゃんを作っています。
1961年は、日本は第二次世界大戦が終わり、戦争で全てを失った人々がゼロからスタートして16年後のこと。ようやく日本は景気を取り戻し、多くの人がもっと良い社会にしていこうと夢を持って頑張っていた、元気な年でした。家族や地域の人の絆も強く、皆が助け合って生きていました。そんな元気で温かい世界を再現したいと思っています。」

NOBUHIKO YOSHIMITSU


 Born 16th August, 1968 in Kobe, Hyogo.

 Worked since his late 20s as a graphic designer, firstly for an advertising agency and then as a freelancer. Assisted on the Gumi chan project with production, character design, scene building and georama. Today Nobuhiko is working towards further enhancing the way Kazumi Akao's Gumi chan sees the world.

 1968年8月16日、兵庫県神戸市生まれ。
 20代後半よりグラフィックデザイナーを志し、広告代理店に勤務した後に独立。Gumi-chanでは作品全体のプロデュース、キャラクターデザイン、シナリオ、ジオラマの製作を手がける。
赤尾和美の持つGumi-chanの世界観をより豊かに表現するため、日々精進を続け現在に至る。





YOSHIHIKO TANAKA


 Born 8th September, 1978 in Fukuoka.

 Photographer who has worked as cameraman for photographic studios and publishers and became freelance in 2004. Has been photographing Gumi chan and her exploits since 2006.
 Sees the "light and shade" of photographs as being on a vertical axis which, if turned on its side, would become "stillness and movement". Yoshihiko is particularly adept at photographing live musical events and miniature gardens.

 1978年9月8日、福岡県生まれ。
 1996年よりカメラマンを志し写真館・出版社にて仕事をし、2004年独立。2006年からGumi-chanの撮影に携わる。
 写真を構成する「光と影」、これを縦の軸だとすれば横の軸になるのは「静と動」得意なジャンルは音楽のライブと箱庭撮影。