About GUMI-chan

 The tales of Gumi chan are set in the small Japanese town of Kusunoki, in 1961.
 The main character is a 6 year old girl called Gumi chan, or "little Gumi". She is very shy at school, but full of fun and laughter when she is at home. What's more, Gumi chan is full of funny ideas, such as "Imagine if the water in this small puddle were a coffee milk shake, how cool would that be?!"

 Let's meet Gumi chan's family. There are 5 people in Gumi's household.
 Her daddy runs a bicycle shop, he is a lovely, gentle man. Her mum is a strong, energetic woman, full of fun, and her 11 year old brother, Toshio, takes good care of Gumi chan and their little brother Makoto who is still a baby. The family also have a pet dog called "Ossan".



 1961年、くすの木町という小さな街のお話です。
主人公はグミちゃんという6歳の女の子。学校ではとても恥ずかしがり屋ですが、家の中ではとてもよく笑います。
 「もし水たまりがコーヒー牛乳だったらな」グミちゃんはいつも楽しい妄想をしています。
 グミちゃんの家族は、自転車屋を経営しているお父さん、いつも元気で力持ちのお母さん、11歳のトシオ兄ちゃん、そして生まれたばかりのマコトの五人家族です。
 ゆかいであたたかい街の人たちに見守られながら、グミちゃんは楽しく暮らしています。


Character

Gumi-chan <グミちゃん>
青田グミ。くすの木小学校の一年生。

















Gumi's father
おとうさん
<青田トミオ>


40歳。普段は寡黙で温厚だが、実はグミちゃん以上の変人。

Gumi's mother
おかあさん
<青田アサコ>


32歳。とにかくパワフル。「くすの木町三大ごっつい女」のひとり。

Gumi's brother
おにいちゃん
<青田トシオ>


12歳。真面目で怒りっぽいが、面倒見は良い。

Gumi's Dog
Ossan
オッサン


グミちゃんが拾ってきた子犬。

おじいちゃん

おばあちゃん

あきぼん

フトシ

ツヨシくん

やまね先生

八百屋の大将

八百屋の女将さん


マユミ

ミノル

電気屋の大将

石屋の大将

食堂の女将さん

トラヨ

シズコ